「これだけ知っていれば大丈夫!」アメリカでチップを払う方法・チップの相場【写真あり】

アメリカ旅行に行く前に

アメリカに行くと、どうしてもチップを払う場面に遭遇します。

ですか、チップを払う習慣のない日本人には、「どのようにチップを払えばいいのか」「いくらチップを払えばいいのか」なかなかわからないですよね?

ここでは、アメリカのチップの相場や、チップの払い方「なぜチップを払うのか?」その仕組みについて紹介したいと思います。

なぜチップを払うのかを知っておくと、スムーズにチップを払えるようになります。

また、チップの払い方も事前に知っておかないと、実際に支払うときに少し戸惑うと思います。レストランやホテルで、どのようにチップを払えばいいのか、写真付きで詳しく説明していきます。

アメリカに行く前に、チップについて学んでおき、心置きなくアメリカ旅行を楽しんで来て下さい。

チップの相場

チップを払うのは、基本的には何かサービスを受けた後です。具体的には、レストランで食事を運んでもらったり、ホテルで荷物を運んでもらったりしたときです。

アメリカでよくチップを払う場面と、相場をまとめておきました。

・レストラン → 15~20%
・ホテルで部屋まで荷物を運んでもらったとき → $3~5
・ホテルで車を駐車場から運んで(運転して)来てもらったとき → $3~5
・ホテルのベッドメイキング → $1~2(1人1泊ごとに)
・タクシー → 10~15%
・カウンターで注文して食事を自分で運ぶ場合 → 払わなくていい(あなたの気持ち次第)
・ツアー(オプショナルツアーなど)→ 払わなくていい(あなたの気持ち次第)

ただ、人によってはこれと違った金額を言う人もいるかもしれません。

それは、そもそもチップの金額は、あなた自信が決めることができるもので、そこには特別なルールがないからです。

なので、アメリカ人の友達に、「チップをいくら払えばいい?」と聞いても、「あなたが払いたい分だけ払えばいいわ」としか教えてもらえない場合もあります。

ここでは、私の主人(アメリカ人)の意見を参考にして相場を載せておきました。彼はアメリカに43年間住んでいますが、今までこれで問題なく過ごしてきていますので、参考にしていただければと思います。

チップの払い方

では実際に、どのようにチップを払えばいいのか紹介していきたいと思います。

【レストラン】

一番チップを払う機会が多いのは、レストランになるかと思います。アメリカのレストランでは、日本とは違い、各テーブルで支払いを済ませます。レストランが一番チップの支払いが難しいと思うので、順を追って丁寧に説明していきます。

現金で支払う場合と、クレジットカードで支払う場合に分けて説明します。

- 現金で支払う場合 -

1.食事が終わった頃に、ウエイトレスさんが「Are you ready for your check?(お会計になさいますか?)」と聞いてくれるので、「Yes, please.」と答えます。 もし、なかなか聞いてくれない場合は、「Can I have my check?(お会計お願いできますか?)」と声をかけます。

2.ファイルにレシートを挟んで持って来てくれるので、そのファイルにお金を挟みます。(チップはまだ払いません)少しファイルからお金が見えるようにしておくと、ウエイトレスさんがすぐに取りに来てくれます。小さなトレーを持って来てくれる場合もあるので、その場合は、トレーの上に現金を乗せます。

(たまに、レシートだけ持って来られる場合もありますが、その際は、レシートの上に現金を置きます。)

3.その後、ウエイトレスさんがレジで精算して、お釣りを持って帰って来ます。その後、ウエイトレスさんはすぐに立ち去りますが、「ファイルの中」か「トレーの上」にチップを残してレストランを出ます。

※ お会計の時にチップを上乗せして支払い、「You can keep the change.(お釣りはいらないよ)」と言う方法もあります。

ごくまれに、「Do you need the change?(お釣りはいるかい?)」と聞かれる場合もあります。お釣りをチップに充てる場合は「You can keep the change.(お釣りはいらないよ)」と言い、お釣りをもらってからチップを残す場合は「Yes, please.(はい、下さい)」と言いましょう。

- クレジットカードで支払う場合 -

1.食事が終わった頃に、ウエイトレスさんが「Are you ready for your check?(お会計になさいますか?)」と聞いてくれるので、「Yes, please.」と答えます。 もし、なかなか聞いてくれない場合は、「Can I have my check?(お会計お願いできますか?)」と声をかけます。

2.ファイルにレシートを挟んで持って来てくれます。そのファイルの上の方に小さなポケットがあるので、そこにクレジットカードを挟みます。ファイルから少しクレジットカードがはみ出るようになるはずです。 小さなトレーを持って来てくれる場合は、トレーの上にクレジットカードを乗せます。

(たまに、レシートだけ持って来られる場合もありますが、その際は、レシートの上にクレジットカードを置きます。)

3.その後、ウエイトレスさんがすぐに戻ってきて、奥でカードをきってレシートを2枚か3枚持って帰って来ます。

1枚目は、何を注文したか詳しい内容が書かれたレシートです。これは、ない場合もあります。

これは、欲しければ持って帰っても大丈夫です。いらなければ捨てて下さい。

2枚目は、Customer copy(お客様控え)。

このレシートには記載がないのですが、たいていは「customer copy」「Guest copy」と書いてあります。これもいらなければ捨てて問題ありませんが、「クレジットカードの名義」と「クレジットカードの下4桁」が入っているので、持ち帰ることをおすすめします。

3枚目は、Merchant copy(お店側の控え)。

「Merchant copy」と書いてあります。ボールペンも一緒に持って来てくれるので、このレシートに「① “チップ”の金額」と「② お会計(レシートの “Total” の部分)とチップを足した”合計金額”」 と「③ “サイン”(クレジットカードの裏に書かれたものと同じもの)」を書きます。

金額は、少数第2位まで書くのを忘れないようにしましょう。チップが$5ピッタリであれば、「5.00」と書きます。

もちろん「5.55」でも「4.35」でも、好きな金額を書いてかまいません。

レストランによっては、お会計の15%、18%、20%、30%の金額を計算して、レシートに印刷してくれている場合もあるので、これを参考にすると便利です。

【注意】
観光地では、レストランによって、お会計にチップが上乗せされている場合があります。その場合は、レシートに「10% SVC」や「15% Tip included」や「15% gratutiy」や「Sarvice fee」と書かれてあります。それ以上のチップを払いたいときは、追加でチップを残してもかまいませんが、この場合、チップを払う必要はありません。 レシートに「Sarvice fee」と書いてあるときは、チップを書くスペースがあるかもしれませんが、追加でチップを払いたいときだけチップの金額を書きます。そうでなければ、「Tip」の欄に「0.00」と書き、「Total」の欄に「Sarvice fee」が上乗せされた金額を書いておきます。

4.レシートが飛ばないように、ファイルか、トレーのひっかけにしっかりレシートを挟んで、レストランを出ます。

 

【ホテル】

ホテルで、部屋まで荷物を運んでもらったときや、車を駐車場から運んで(運転して)来てもらったときは、チップとして現金を直接手渡します。

この時に、ゴソゴソとかばんから財布を出してチップを払っていると時間もかかりますし、スマートでありません。サッと取り出せるように、事前にお金を用意しておき、小さく折りたたんでポケットに入れておきましょう。

それに場所にもよりますが、アメリカは日本ほど治安が良い国ではありません。どこででもお財布を広げないことをおすすめします。

チップを払うタイミングは、「荷物を運んでもらって部屋に着いた直後」「車を駐車場から運転してきてもらった直後」です。

ホテルのベッドメイキングに対してチップを払うときは、毎朝ホテルを出る前に、ベッド脇の棚の上などにチップを置いておきます。チップだとわかりやすいように「Thank you」と書いた紙を添えておくと親切です。

【 カウンターで注文して食事を自分で運ぶ場合 】

ファストフードやカフェでは、カウンターで注文して、カウンターで食事や飲み物を受け取り、自分で席まで運ぶことが多いです。

この場合、チップを支払う必要はありません。

カウンターで商品を買って受け取っただけなので、サービスを受けたことにはなりません。にもかかわらず、カフェによってはクレジットカードで支払いをする際に「チップをいくらにしますか?」とモニターで聞かれる場合があります。

「No Tip」のボタンを押せば、チップを払わなくてすみます。

ただ、とても丁寧に商品を説明してくれたり、親切にしてもらった場合、チップを払う人もいます。

もし、「とても良くしてもらったな」「チップを払いたいな」と思ったのなら、気持ちの分だけ($1でも$2でも)チップを払うと喜ばれます。現金で払う場合は、たいていレジの近くにチップを入れる器が置いてあるので、その中に現金を直接入れます。

私は、「チップをいくらにしますか?」と聞かれて、「No Tip」のボタンを押すのが心苦しいので、基本的にカフェでは現金で支払います。そうすると、チップについて聞かれることはありません。

なぜチップを払うのか?

最後に、なぜチップを払うのか、簡単に説明したいと思います。チップの仕組みがわかっていると、チップを払いやすくなると思います。

レストランで食事をする場合を例に説明します。

チップとは、サービスを受けた時に払う、いわば「サービス料」です。アメリカのレストランでは、このサービス料をお客さんからウエイトレスに直接払うようになっています。ですので、ウエイトレスは、お店からごくわずかなお給料しかもらっていません。

日本では、この「サービス料」が食事代に上乗せされていて、店のオーナーからウエイトレスにサービス料をお給料として払っていると考えれば、納得しやすいかと思います。

「ウエイトレスさんは、安いお給料しかもらってないから、チップを払わないと可哀そうだよ」という言い方をする人がいますが、サービスを受けた対価として支払うものがチップです。

なので、あなたが受けたサービスに応じて、あなた自信がチップの金額を決めることができます。

気持ちの良いサービスを受けたら、チップをたくさん渡し、そのサービスで嫌な気持ちをしたのなら、たくさんチップを払う必要はありません。

チップをできるだけ節約しようとする人もいますが、私は、気持ちのいいサービスに対して「ありがとう」の気持ちを込めて気持ちよくチップを払いたいので、あまり安くすませようと考えないようにしています。

「チップはサービスに対するお礼」だと思って、金額を決めるといいと思います。

- 担当のウエイトレスさんにだけ声をかける -

あと、日本のレストランと違うところは、テーブルによって、担当のウエイトレスさんが決まっているところです。ウエイトレスさんは、担当のテーブルからしかチップをもらえないので、別のテーブルにサービスをした場合タダ働きになってしまいます。

ですので、担当のウエイトレスさん以外には、注文をしないようにしましょう。

ただし、アメリカでは日本のレストランのように「すみませーん!(Excuse me!)」と大きい声でウエイトレスさんを呼ぶ習慣がありません。アメリカの人は、皆のんびりウエイトレスさんを待っているので、同じように、のんびり担当のウエイトレスさんが来てくれるのを待ちましょう。

「すみませーん!(Excuse me!)」と大きい声でウエイトレスさんを呼ぶと、嫌な顔をされてしまうかもしれません。

せっかくの楽しい食事が台無しになってしまってはいけないので、アメリカの習慣に合わせることをおすすめします。もし、あまりにもテーブルに来てくれなくて困った場合は、目線で合図するといいです。

だいたい客席に気を付けて仕事しているので、気づいてくれるはずです。

【例外】
日本食レストランや、アジア料理のレストランなど、オーナーがアメリカ人でない場合は、ウエイトレスがテーブル担当制ではなく、どのウエイトレスさんに声をかけてもいい場合もあります。もし、はじめに飲み物の注文を聞いてくれた人とは別の人が、料理の注文を聞きに来てくれた場合、その可能性がかなり高いです。その場合は、どのウエイトレスさんに声をかけても問題ありません。ただ、これは判断が難しいので、わからなければ同じウエイトレスさんに声をかけるのが無難かと思います。

おわりに

以上、チップの相場・払い方・仕組みについてご紹介しました。

日本人には慣れない習慣なので、すぐには理解できないかもしれません。アメリカ人でさえ、チップについてかわからない時もあるそうです。

ですので、そこまで深く考える必要はないかと思います。

気持ちいいサービスを受けたら、気持ちよくチップを払えばいいと思います。

あまり難しく考えず、アメリカを楽しんで来て下さい!!

 

Wi-Fiなしで126の国や地域ですぐ使える!