「英語を話したい人必見」英会話カフェで英語力アップさせる方法

国内留学

英語が話せるようになるには、実際に英語をたくさん話すことが大切です。家でリスニングの練習をしたり、音読をしたりすることも大切ですが、実際に英語をたくさん話すことで、スムーズに口から英語がでてくるようになっていきます。

しかし、日本では英語を話すチャンスがあまりなく、英語を話すスキルだけが、なかなか伸びない人が多い傾向にあります。

海外へ語学留学に行けるといいのですが、それにはお金や時間がとてもかかってしまいます。英会話スクールも授業料が高く、授業中にあまり英語を話す機会がないと言うこともよく聞きます。

そこで、オススメなのが「英会話カフェ」です。

英会話カフェを知らない方もいらっしゃるかも知れませんが、 “英語を話す練習” をしたい方にはとてもおすすめです。ここでは、

・英会話カフェとは?

・英会話カフェのメリットとデメリット

・「英会話カフェでほんとに英語が上達するのか?」

・英会話カフェで効果的に英語力を伸ばすコツ

を紹介していきたいと思います。英語を話せるようになりたい!」という方には必見ですので、ぜひ参考にして下さい!

英会話カフェとは

まず、英会話カフェについて簡単に説明しておきます。

英会話カフェは、英会話教室のように授業を受けるのではなく、ただ、英語でお話しをするところです。

4~8人くらいのグループで、輪になって話すことが多く、英語ネイティブの人がグループに入って話す場合もあれば、日本人だけで英語を話す場合もあります。英語ネイティブの人がグループにいる場合は1時間1000円程度日本人だけなら1時間半500円程度と、日本人だけの場合はかなり安くてお手頃です。

ただし、必ず1ドリンク注文しなければいけない場合もあるので、その場合は、追加で300〜500円ほど支払う必要があります。

メリットとデメリット

英会話カフェにはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。メリットとデメリットを合わせて紹介しておきます。

【メリット】

・たくさん話せる

はじめにも言いましたが、英語が話せるようになるのは、とにかくたくさん英語を話すことが大切です。英会話教室では、基本的に先生が話すことが多く、自分が英語を話す機会は少ない傾向にありますが、その点英会話カフェだと、とにかくたくさん話せるので英語を話す練習にはピッタリです。

・モチベーションをキープするのに役立つ

実際に英語を話してみると、自分の英語力を再確認することができます。

そして、たいていの場合、「もっとスムーズに英語が話せたらな」や「言いたいことが英語で言えなかった」など、もどかしく感じ、「次はもっと話せるように、英語の勉強を頑張ろう!」と、思えることが多いです。

私も、いつも英会話カフェに行ったあとは、自分の今の実力を再確認し、意識的に「もっと頑張って英語を勉強しよう!」と思うようにしていました。自信をなくして、やる気がなくなってしまってはダメですが、そんな場合は「悔しさをバネに頑張ろう」という気持ちでぜひ頑張って下さい。

また、英会話カフェには、ほんとに英語が上手な人もいるので、「自分もこんな風になりたい」と刺激を受け、モチベーションを上げることができると思います。

・楽しい

英語を勉強している人の中には、家でリスニングの練習をしたり音読をしたり、努力されている人もいると思いますが、それはあまり楽しくはないかもしれません。

でも英会話カフェは、勉強というよりも、皆で楽しく英語で話す感じなので、けっこう楽しめます。ただ、「楽しかったー!」だけで終わってしまうと、あまり成長できないので、英会話カフェで効果的に英語力を伸ばすコツもあとで紹介するのでぜひ参考にして下さい。

・英語仲間ができる

英会話カフェに行くと、他の日本人の方とも英語で話すことが多いので、比較的、他の方と仲よくなりやすいです。私は、英会話カフェで知り合った人と連絡先やファイスブックを交換することもあります。

お互い「英語を話せるようになりたい」と頑張っている者同士なので、刺激し合えるいい仲間ができると思います。

・安い

英会話教室に通うより、だんぜん安くておすすめです。

【デメリット】

・正しい英語や自然な会話は学べない

英会話カフェでは、自分も英語をたくさん話す代わりに、他に来ている日本人の方の英語もたくさん聞くことになります。よって、間違った英語や不自然な表現を聞くことが多いかもしれません。

なので、英会話カフェは、ただ “とにかく英語を話す” ところと思った方がいいです。自然な会話表現などは、本を読んだり英語の映画を見たりして、コツコツと身につけていくしかないと思います。

・受け身の人には向いていない

英会話教室では、先生が手取り足とり英語を教えてくれるので、受け身な人でも多少英語を発言する機会があったり、学べることがあったりすると思います。

それに対して、英会話カフェは皆で自由に会話をする感じなので、受け身な人には向いていないかも知れません。ですが、受け身で、英語を話すことに戸惑っていては、実際に英語を話す機会で堂々と英語を話すのは難しいのではないかと思います。

積極的に自信を持って英語を話せることも、英語の上達には欠かせないので、消極的で受け身な方も、積極的になるトレーニングだと思って、ぜひ英会話カフェに挑戦してみて下さい。

英会話カフェで英語は伸びるのか?

結論から言うと、英会話カフェで英語力は伸びます。

くりかえしますが、英語を話せるようになるには “とにかく英語を話す” ことが大切です。そして、英会話カフェでは “とにかく英語を話す” ことができます。

【日本人は英語の読み書きができても、話せない】

それに、日本人の方は、英語の読み書きができても、英語を話せない人が多いです。これは、中学校や高校で英語の読み書きはしっかり勉強しているのに対して、英語を話す練習はあまりしていないからです。

なので、学校の英語のテストではいい点数が取れても、実際に英語を話す場面でとっさに英語がでてこないのです。

その、 “とっさに英語を話す” 練習を英会話カフェでしていけば、絶対に英語は上達します。これは、英語の勉強というよりも、英語を話す練習と思っていただいた方がいいと思います。

また、普段英語を話していない人は、口が英語を話すことに慣れていませんですので、口が英語に慣れるように、練習する必要があるのです。私は、英語を話す練習はスポーツでいうトレーニングのようなものだと思います。

しっかりトレーニング(英語を話す練習)をすれば、必ずスムーズに口から英語がでてくるようになります。

英会話のレベルによって、成長の感じ方は違うと思いますが、初心者の方ほど、英会話カフェに行くと大きく成長を感じられると思います。

【とにかく “英語を話すこと” が大事

なかには、「日本人どうしで英語を話しても上達しない」という人もいます。

それは、デメリットでも言いましたが、日本人どうしで英語を話しても正しい英語や自然な会話は学べないからだと思います。

でも、私の知り合いで、留学経験などがあるわけでもないのにとても上手に英語を話す韓国の人がいます。どうやって英語の勉強をしたのか聞いてみると、「韓国人の友達と英語で会話して練習していた」そうです。

確かに、これだけでは正しい英語の表現は学べないかもしれません。ですが、確実に “英語を話すこと” には慣れることができます。

【積極的になることも大事

あと、これもデメリットにも書きましたが、積極的にならないと、英会話カフェに行ってもあまり上達できないかもしれません。

私はアメリカに住んでいて、アメリカの英会話学校にも通っていたのですが、日本人の方は英語の文法や単語をよく知っているのに、あまり英語を上手に話せる人が少なかったです。それに対して、メキシコやブラジルなど他の国の人たちは、英文法や単語の意味がわからなくてもペラペラ英語を話す人が多いのです。

これは、日本人が恥ずかしがりでなかなか授業でも発言できないのに対して、他の国の人たちは、間違っていても堂々と積極的に英語で発言するからです。

ようするに、堂々と積極的にたくさん英語を話す人が、英語を話せるようになっていくのです。

間違った英語でも、まず伝わることが大切です。正しい会話表現は、おいおい勉強するなり覚えていけばいいので、 とにかく話す” とこに挑戦してみて下さい。

ある程度、英語で自分の言いたいことが言えるようになってくると、新しい英語表現や単語を覚える「インプット」も大切になってきます。だた、この場合でも “とにかく話す” ことは大切なので、どんなレベルの方にも、この英会話カフェは絶対に役に立つと思います。

英会話カフェで効果的に英語力を伸ばすコツ

最後に、英会話カフェで効果的に英語力を伸ばすコツを紹介しておきます。

1、積極的になる

くりかえしになりますが、積極的になることはとても大切です。私はアメリカの英会話学校に通っているとき、積極的にどんどん英語を話している人がどんどん上達していくのをたくさん見てきました。

ですので、実際に英語を話す場面でも恐れずに話す練習だと思って、積極的にどんどん英語を話してみて下さい。

ただ英会話カフェでは、ときどき1人だけがずっと喋って、他の人が全然喋れなくなって迷惑になる場合もあるので、周りの様子もうかがいながら積極的になっていただけたらと思います。

2、少しレベルの高いグループに入る

もし、レベル別にわかれているなら、少しレベルの高いグループに入ることをおすすめします。自分より少しレベルが高いと、「全然ダメだった…」と落ち込んでしまうかもしれませんが、上手に話せないときほど、「次は頑張ろう!」と、家で英語の勉強や練習をする気になれます。

ただし、あまりにも周りのレベルが高すぎて、自信をなくしてしまうのはよくないので、「少し難しいな」と思うくらいのグループに挑戦してみて下さい。

「簡単すぎる」や「難しすぎる」よりも「少し難しい」くらいの方が勉強の効率もいいです。

また、自分よりもレベルの高いグループだと、目標にしたい人に出会えるかもしれません。私もいつも、目標にしたい人を見つけて、その人に近づけるように頑張っていました。

そういった意味でも、少しレベルの高いグループがおすすめです。

3、復習をする

復習というと、かたい感じがしますが、私は英会話カフェなどで、 “英語で言いたかったけど上手く言えなかったこと” を携帯にメモしておいて、家に帰ってから英語で何というのか調べるようにしていました。そして、その言えなかったことを、もう1度誰かに説明するかのように1人で英語でブツブツ言っていました。

はたから見るとすごく変だったと思いますが、この練習のお陰で、人前で落ち着いて英語を話せるようになっていきました。

“言いたかったけど上手く英語で言えなかったこと” は、また別の機会で話す場合がけっこうあるので、覚えておくと絶対に役立ちます。

4、予習をする

トークテーマが事前に決まっている場合は、話す内容を家で考えてから行くことをオススメします。余裕があれば、声に出して何度か音読しておくといいです。音読する回数の目安は、スラスラ言えるようになるまでです。

そうすることで、英語の言い回しや表現を覚えることができますし、人前できっちり英語を話す練習にもなります。

あと、自己紹介をする場合が多いので、英語で自己紹介できるように練習しておくのもいいです。

おわりに

今回、英会話カフェをオススメしたくてこの記事を書いたのですが、「積極的に話す」「目標にする人を見つける」「少しレベルの高い人と話す」「言いたかったけど英語で言えなかったことを家で練習する」など、英会話カフェ以外でも共通する、英語を上達するコツもたくさん紹介させてもらいました。

そして、英語を話せるようになるのに1番大切なのは、「とにかく英語を話す」ことです。

ぜひこれら参考にしていただき、英会話カフェで実践していただけると幸いです。